このページは3秒後に自動的にwww.cosmicray-ocu.jpに移動します。
宇宙線物理学研究室

English

研究室メンバー
学位論文
共著論文
研究室周辺概略図
リンク集
共同研究者用ページ
(要パスワード)
UHELAB Wiki
(要パスワード)
当研究室では、”宇宙線”というものを通じて宇宙を観測しています。宇宙線とは、宇宙空間を飛び回っているエネルギーの高い粒子(原子核、光子、ニュートリノ等)のことで、絶えず地球にやって来ています。そのような宇宙線を捕まえ、詳しく研究することで、宇宙に関する様々な知見が得られます。現在我々は、宇宙線を使った実験を日本、インド、アメリカで行っています。それぞれの実験は、異なったエネルギー領域で宇宙を見ているため、得られる物理も様々です。以下にそれらの実験をご紹介します。


テレスコープアレイ実験
場所:アメリカ・ユタ州
シンチレーション検出器と大気蛍光望遠鏡からなる、超大型空気シャワー観測実験。最高エネルギー宇宙線の検出と、それによる粒子線天文学を目指す。
Telescope Array Project
GRAPES3 GRAPES-3 空気シャワー実験
場所:インド・タミルナドゥ州
シンチレーション検出器とミューオン検出器で構成される空気シャワー観測実験。宇宙線の起源の解明や、高エネルギーガンマ線天体の観測、太陽活動に伴う宇宙線強度変動の研究を行う。インドのタタ基礎研究所との共同実験である。
明野ミューオン観測実験

場所:山梨県北杜市
比例計数管を用いた宇宙線望遠鏡。太陽活動に伴う低エネルギー宇宙線の強度変動の研究など、宇宙天気予報に関連した研究を行う。
Akeno Muon Telescope

back to 大阪市立大学 理学部 物理学科

wwwadmin@alpha.sci.osaka-cu.ac.jp